top of page
Search

AkiyaBanks.com Needs Your Support / 空き家バンクのウェブサイトにはあなたのサポートが必要です



AkiyaBanks.com was launched in 2021, and in the years since it has seen explosive growth and has gone on to become one of the top global resources for information regarding Japanese akiya and vacant house banks. It is arguably now the #1 resource, in fact.


AkiyaBanks.com は 3 年前に設立され、爆発的な成長を遂げました。このサイトは、日本の秋屋と空き家バンクに関する世界トップクラスの情報源の 1 つになりました。実際、これは間違いなく現在ナンバーワンのリソースです。


You will also notice that as a platform committed to providing accessible and reliable information to all, we have consciously chosen to maintain our independence from traditional advertisers. This decision ensures that our content remains impartial and unbiased, focusing solely on delivering accurate and useful information. There are no ads whatsoever and you can navigate every page of the website without the tedious inconvenience of having to deal with them. Because there are no ugly ads taking up bandwidth, our website continues to run smoothly without any impact to performance these ads may cause.


また、アクセス可能で信頼できる情報をすべての人に提供することに尽力しているプラ​​ットフォームとして、当社は従来の広告主からの独立性を意識的に維持することを選択していることにもお気づきいただけると思います。この決定により、正確で有用な情報を提供することだけに重点を置き、コンテンツが公平かつ偏りのないものとなることが保証されます。広告は一切なく、広告に対処するという面倒な煩わしさを感じることなく、ウェブサイトのすべてのページに移動できます。帯域幅を占有する醜い広告がないため、当社の サイトは、広告によるパフォーマンスへの影響を与えることなくスムーズに動作し続けます。


While our progress is highly encouraging, two things are true:


私たちの進歩は非常に心強いものですが、同時に、複数のことが真実です。


  1. The success of AkiyaBanks has put it in a position of great opportunity. Now that we have gained the trust of users worldwide, we have a number of features we would like to roll out to further cement this website as a top resource. 空き家バンクの成功により、空き家バンクは大きなチャンスに恵まれた立場にある。世界中のユーザーからの信頼を得た今、このサイトをトップリソースとしてさらに確固たるものにするために展開したい機能が多数あります。

  2. Our success has outpaced our resources and without donations from the users who have helped us succeed, we will be unable to sustain ourselves and AkiyaBanks will likely have to shut down due to an inability to afford the costs of keeping this site running. AkiyaBanks is not profitable whatsoever and costs the founder a lot of money per year that comes out of pocket. The website is run at a total loss. 私たちの成功は私たちのリソースを上回っており、私たちの成功を助けてくれたユーザーからの寄付がなければ、私たちは維持できなくなり、空き家バンクはこのサイトを運営し続けるためのコストを支払う余裕がないために閉鎖しなければならない可能性があります。空き家バンクは全く利益が得られず、創設者の自己負担額が年間多額になります。ウェブサイトは赤字で運営されています。

I want to discuss both of these points. But first, a little background:


この両方の点について議論したいと思います。まず最初に、背景を少し説明します。


AkiyaBanks was created by one person who realized that a single nationwide searchable database of vacant homes in Japan did not yet exist. Prior to AkiyaBanks, there was no single directory of each individual municipal akiya bank in Japan. There have been a few similar efforts in the form of LIFULL and ATHOME but all of the information is hosted directly on those sites and none link directly to municipal akiya banks on government websites, which drastically limits the availability of this information to prospective buyers. Up until AkiyaBanks was created, for the most part the only way to access a specific municipality's akiya bank was to go to their municipal website and navigate through multiple pages to find it. Most times they were hidden in plain sight and incredibly challenging to actually find. There was no uniformity and thus the process was incredibly convoluted and unintuitive. Not even the government of Japan itself had provided a streamlined directory like this. There have been rather nebulous akiya programs in place since the 1990s and the Abe government had handed down instructions to each municipal government that mandated them to launch an akiya bank page on their local websites, but no specific guidelines were provided so this rollout was incredibly flawed and what resulted from it remains flawed. By cataloging every single one of Japan's 1,719 municipal akiya banks and placing them in a singular archive, anybody looking for an akiya bank anywhere in Japan now only had to search a municipality by name and they could find it if it existed. This was unprecedented.


空き家バンクは、日本全国で検索可能な単一の空き家データベースがまだ存在しないことに気づいた一人の人物によって設立されました。空き家バンクができる以前は、日本には各自治体の空き家バンクの単一のディレクトリはありませんでした。 LIFULL や ATHOME の形で同様の取り組みがいくつかありましたが、すべての情報はこれらのサイトで直接ホストされており、政府のサイトにある地方自治体の空き家バンクに直接リンクしているものはなく、購入希望者がこの情報を入手できるのは大幅に制限されています。空き家バンクが創設されるまでは、特定の自治体の空き家バンクにアクセスする唯一の方法は、その自治体のウェブサイトにアクセスし、複数のページをたどって見つけるしかありませんでした。ほとんどの場合、それらは目に見える場所に隠されており、実際に見つけるのは信じられないほど困難です。統一性がないため、プロセスは信じられないほど複雑で、直感的ではありませんでした。日本政府自体もこれほど合理的な名簿を提供したことはありませんでした。 きゅうじゅう ねんだい年代以来、かなりあいまいなアキヤプログラムが実施されており、安倍政権は各自治体に対し、地元のウェブサイトにアキヤバンクのページを開設するよう義務付ける指示を出していたが、具体的なガイドラインが示されていなかったため、この展開には信じられないほど欠陥があった。そしてその結果生じたものには欠陥が残っています。日本の 千七百四十九 の地方自治体の安芸屋銀行をすべてカタログ化し、単一のアーカイブに配置することにより、日本のどこにいても安芸屋銀行を探している人は、名前で自治体を検索するだけで済み、存在する場合にはそれを見つけることができるようになりました。これは前例のないことでした


Assembling this database was incredibly time intensive and required the founder locating each akiya bank one by one. When this was completed, the website was launched and hosted and paid for by the founder. In the years since, as AkiyaBanks has continued its parabolic growth, the founder has continued to abstain from traditional ads and pay for all of the costs of operating this website out of pocket. This has been extremely expensive and the founder, like many people, works a full-time job and only earns a modest salary. AkiyaBanks remains a side project, and a very costly one at that. It is so costly that without an infusion of capital the founder will no longer be able to afford to keep the site running and he will have to shut it down. Without soliciting generous donations, there is no way for this website to generate any income. The only other alternatives are to sacrifice the integrity of the website and begin opening it up to traditional commercial advertisers or sell it wholesale to an interested buyer if one presented themselves. Barring that, the only other option is for AkiyaBanks to shut down permanently.


このデータベースの構築には信じられないほど時間がかかり、一 人の創設者が各秋屋銀行を個別に特定する必要がありました。これが完了すると、サイトは立ち上げられ、唯一の創設者によってホストされ、費用が支払われました。それ以来数年にわたり、空き家バンクが放物線状の成長を続ける中、創設者は従来の広告を控え続け、このサイトの運営コストをすべて自腹で支払い続けました。これには非常に高額な費用がかかり、多くの人々と同様に創業者もフルタイムで働き、給料もそこそこしかもらっていません。空き家バンクは依然としてサイドプロジェクトであり、非常に費用がかかるものです。非常に費用がかかるため、資本を注入しなければ、唯一の創設者はサイトを運営し続ける余裕がなくなり、サイトを閉鎖しなければならなくなります。寛大な寄付を募らない限り、このウェブサイトが収入を得る方法はありません。他の唯一の選択肢は、ウェブサイトの完全性を犠牲にして、従来の商業広告主にウェブサイトを公開し始めるか、興味のある購入者が自ら提示した場合に卸売りすることです。それを除けば、空き家バンクは永久に閉鎖するしかない。


For this reason, AkiyaBanks is now pursuing the Wikipedian model of sustainability. Like Wikipedia, AkiyaBanks is a free, accessible, and unbiased source of useful information. Like Wikipedia, we will have to rely on the generosity of our users to continue to exist.


このため、空き家バンクは現在、ウィキペディアンの持続可能性モデルを追求しています。ウィキペディアと同様、空き家バンクは無料でアクセスでき、公平な有益な情報源です。ウィキペディアと同様に、私たちが存続し続けるためにはユーザーの寛大さに依存する必要があります。


If you have enjoyed AkiyaBanks in the past or if using our website has assisted you in the process of purchasing a new home in Japan, we would like to ask you to consider donating to help us afford our operating costs. Please click the button below to do so.


過去に空き家バンクをご利用になったことがある方、または当社ウェブサイトの利用が日本での新築住宅購入のプロセスに役立っている方は、運営費を賄うために寄付をご検討いただけますようお願いいたします。下のボタンをクリックしてください。



If our fundraising efforts are successful, not only can we afford to keep AkiyaBanks running, we can also transition into a new phase that would enable to us to move in a new direction that would keep our information even more relevant and pertinent and allow us to roll out a number of exciting new features. We will detail these below:


私たちの募金活動が成功すれば、空き家バンクを運営し続ける余裕ができるだけでなく、情報の関連性と関連性をさらに高め、多くのエキサイティングな新機能を展開できる新しい方向に進むこともできます。これらについては以下で詳しく説明します。


  1. One of the largest obstacles of AkiyaBanks is the tendency of local municipalities to relocate their akiya banks on their websites which then renders their portal on our website outdated and inaccurate. We receive many messages about broken links due to this. The reason this happens is because we are not in direct contact with municipalities and therefore we have no way of knowing when they relocate or retool or revamp their house banks unless they notify us directly. The remedy to this is for AkiyaBanks to establish direct contact with the municipalities themselves to ensure a two way stream of cooperation between ourselves and them. As AkiyaBanks continues to become the most trusted akiya bank website with the highest levels of trust and authority, in not just Japan but also in the entire world, our hope is that a good percentage of municipalities would be interested in connecting with us in this way as it would be mutually beneficial for everyone. However, while feasible, this would be a gargantuan task that would require tremendous amounts of effort and coordination between all parties. Donations would ensure we could pay for the costs this would inevitably require. And if we pull this off, there would be no question as to which akiya bank website has the most reliable and accurate information. 空き家バンクの最大の障害の 1 つは、地方自治体がウェブサイト上の空き家バンクを移転する傾向にあり、その結果、当ウェブサイト上のポータルが時代遅れで不正確になってしまいます。これによりリンク切れに関するメッセージが多数届きます。このようなことが起こる理由は、私たちが自治体と直接連絡を取っていないためであり、したがって、自治体から直接通知されない限り、自治体がいつ移転、改築、または住宅銀行を改修するのかを知る方法がありません。この問題を解決するには、空き家バンクが自治体との直接の連絡を確立し、自治体との双方向の協力の流れを確保する必要があります。このサイトは、このテーマに関して日本のみならず世界中で最も信頼されるサイトであり続けています。このため、私たちの希望は、かなりの割合の自治体が、すべての人にとって相互に利益となることから、説明されている方法で私たちとつながることに興味を持ってくれることです。ただし、実現可能ではありますが、これは膨大な労力とすべての関係者間の調整を必要とする膨大な作業となります。寄付があれば、必然的に必要となる費用を確実に支払うことができます。そして、これが成功すれば、どの空き家サイトが最も信頼でき、正確な情報を持っているかは疑問の余地がありません。

  2. All along we have wanted to regularly curate and post individual akiya listings in our blog with the goal being to send an email roundup of them to all of our subscribers each week. The ones we have posted have proven very successful. We currently lack the time and resources to do this regularly, however. With more donations, we would be enabled to make this a much more regular feature. 私たちはずっと、個々の空き家のリストを定期的に厳選してブログに掲載したいと考えてきました。その目標は、購読者全員に空き家のまとめを毎週メールで送信することです。私たちが投稿したものは非常に成功していることが証明されています。しかし、現時点ではこれを定期的に行うための時間とリソースが不足しています。より多くの寄付があれば、これをより定期的な機能にすることができるでしょう。

  3. We are well aware that the akiya situation in Japan is in fact a crisis with no clear solution that is worsening by the year. It is estimated that within 10 years, 30% of all Japanese homes will be vacant. Japan also faces a shrinking population crisis, and leadership has voiced support for efforts to boost tourism and immigration to ameliorate this concern. Since day one, one of the main purposes of AkiyaBanks was for us to do our part to combat these crises by helping to connect buyers with properties and to assist with getting people into perfectly good homes that would otherwise be standing vacant and unused. We believe we have partially achieved this, but we would like to do much more. Our grandest ambition is to establish contact with current committee members within the Kishida government, such and ministers like Taro Kono, Yasutoshi Nishimura, Daishiro Yamagiwa, or any representatives of the Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism, the Ministry of Foreign Affairs, Ministry of Economy, Trade and Industry, or anybody from any entity that is willing to have a dialogue with us with an interest in working alongside us to address these concerns. With the cooperation and support of the Japanese government itself, AkiyaBanks could become a key player and factor in combatting these issues. Your support would go along way in helping us to achieve this goal. 日本の空き家状況は実は明確な解決策のない危機にあり、年々悪化していることは私たちもよく知っています。 十年以内に日本の住宅の三十パーセントが空き家になると推計されています。日本は人口減少危機にも直面しており、指導者らはこの懸念を改善するために観光と移民を増やす取り組みへの支持を表明している。空き家バンクの設立当初からの主な目的の 1 つは、購入者と不動産を結びつけ、空き家で未使用のまま放置されていたであろう完全に良好な住宅に人々を引き入れるのを支援することで、これらの危機と戦うために私たちの役割を果たすことでした。これは部分的には達成できたと考えていますが、さらに多くのことを達成したいと考えています。私たちの最大の野望は、岸田政権の現在の委員会メンバー、河野太郎、西村康稔、山際大志郎などの閣僚、あるいは国土交通省、外務省、経済産業省、またはこれらの懸念事項に対処するために私たちと協力することに関心を持ち、私たちと対話する意欲のある団体の皆様。日本政府自身の協力と支援があれば、空き家バンクはこれらの問題と戦う重要な役割と要素になる可能性があります。あなたのサポートは、私たちがこの目標を達成するのに役立ちます。

  4. Ultimately we would like to build the infrastructure to transform AkiyaBanks into a single nationwide coordinated system for people to register their vacant properties to market to buyers. 最終的には、空き家バンクを、人々が空き家を登録して買い手に売り出すための、単一の全国的に調整されたシステムに変えるためのインフラを構築したいと考えています。

  5. Eventually we would like to build and release an AkiyaBanks.com app for use on mobile smart phones. 最終的にはモバイルスマートフォンで利用できる空き家バンクアプリを構築してリリースしたいと考えています。


As you can see, we have big plans and ambitions at AkiyaBanks.com, but we cannot do it alone. We need your generosity and support. Once again, if you appreciate any of the work we do, please consider a donation. Thank you.


ご覧のとおり、私たちは空き家バンクの現場で大きな計画と野望を持っていますが、それを私たちだけで成し遂げることはできません。皆様の寛大なご支援が必要です。繰り返しになりますが、私たちの取り組みに感謝していただけましたら、寄付をご検討ください。ありがとう。


For any questions or more information, please email Admin@akiyabanks.com.


ご質問や詳細については、Admin@akiyabanks.com まで電子メールでお問い合わせください。


- R (Administrator)

- ア レー (管理者)




343 views0 comments

Comments


bottom of page